マルク・シャガール (Marc Chagall, 1887-1995)

 

 

1887 ロシア(現ベラルーシ)ヴィテブスク生まれ

1985 フランス、サン=ポール=ド=ヴァンス逝去

 

 

 

 

バクストの美術学校で学んだのち、1910年パリへ移り、故郷の風物を好んで描きました。

 

第一次世界大戦中はロシアに戻り、一時期美術行政にも関与したものの、1922年に再びパリへ戻りました。

第二次世界大戦中に渡米し、1946年にニューヨーク近代美術館で回顧展が開催されました。

1946年にフランスへ戻り、翌年パリ国立近代美術館で回顧展を開催。

1950年にチューリッヒ美術館、1963年には東京と京都、また1967年には生誕60年を記念してチューリッヒとケルンで、それぞれ回顧展が開催されました。

 

永遠の愛を象徴する、青や赤や黄色で描かれた花々や動物たち、抱擁する恋人達は重力をこえて空を飛び、油彩の他、挿絵や版画、ステンドグラスなどさまざまなメディアで表現されました。

 

 

「色彩の魔術師」と称され、20世紀を代表する画家の1人として評価されています。