アルメル バロー Armel Barraud  

 

 

1979年、フランスのル・アーブル生まれ。

 

フランスのレンヌを拠点に活動し、伝統的なボビンレースの技法*を用いて、ワイヤーレース作品を制作。

ペンチや指先を使って繊細なメタルワイヤーを巧みに編んでゆき、おとぎ話や神話から出てきたような人物、動物、植物から文様を取ったモチーフを組み合わせ、ワイヤーで物語を描くように、夢のような独自の詩的世界を展開しています。

 

作品はピンでところどころ留めるため、浮遊感と楽しさが生まれ、観る者の童心はくすぐられます。

 

 

日本では、2010年に京都の関西日仏交流会館ヴィラ九条山のレジデンスプログラムに参加。清課堂ギャラリーにて2回の個展やワークショップを開催、大阪でもYOD Galleryにて展覧会を開催しました。

 

その後、九条山での出会いをきっかけに、ミナ ペルホネンと定期的にコラボレーションする機会にも恵まれています。

 

 

 

 

*木製スピンドルや糸巻きに使ってレースを編む技法

 

 

 

 

 

 

 

 

受賞歴

2012    ザ リフレクション, FIMAコンペティション (国際工芸フェスティバル) 1, バカラ, フランス 

            タレント アラカルト, コンペティション優勝, サロン・メゾン・エ・オブジェ, フランス ヤング チャレンジ, フランス芸術財団, パリ, フランス

 

 

 

展覧会歴

2024    石けり遊び 影 レース, アルジャントゥイユ, フランス

2023    , アトリエ ビザンス, パリ, フランス

2023    ID テキスタイル、エギーユ・アン・フェット, パリ, フランス

2023    インターレースとレース、ビブリオテーク・エスト, アンサンブル, フランス

2022    「リビングレース」テキスタイルフェスティバル, ロンセ, ベルギー

2022    ワイヤーからワイヤーへ、カムフロート ホスピタル ギャラリー, ブルターニュ, フランス

2021    個展「踏みつけないでください: 安息の自然空間」 メゾン・デレース, アルジャンタン, フランス

2020-23  WirGalerie Hokema、シュヴェービッシュ グミュント, ドイツ

            ドン・キホーテのバラード, 織物箱 衣装 レース博物館, ブリュッセル, ベルギー

            現代レース展, 世界レース会議, ブルージュ, ベルギー

2017    Le Multiple, ギャラリー ルイーズ, パリ, フランス

            FISCH HAUS Gallery、ウィチタ、カンザス州、米国

            印象と詩的な軽やかさ, アトリエ アール ド フランス, パリ, フランス

            作曲雑誌創刊記念展, Galerie O.F.R, パリ, フランス

2016    「ボディ」アトリエ・ダール・ド・フランス, ギャラリー・コレクション, パリ, フランス

             AltarsIKI ギャラリー, パリ, フランス

2015    ルネッサンス, MET, マニラ メトロポリタン美術館, マニラ, フィリピン 

            スレッドをフォローして! 件名を入力して。国立工芸研究所, シテ デ サイエンス, パリ, フランス

            ルネッサンス, ムチャラビエ作品展, バルゴアン美術館および国際特別テキスタイルフェスティバル, クレルモンフェラン, フランス

            レースその他もご希望に応じて, 展覧会キュレーター, 工芸とFRACの実験センター, ノントロン, フランス

            クレイジーレース, A l’écu de France」ギャラリー, ヴィロフレー, フランス

2014    個展「ミル フルール 茂みの中で」清課堂ギャラリー, 東京

      The French Craft Project COLLECT(スタンド7.6)」サーチギャラリー, ロンドン, 英国

2010    個展「「編む」から始まる物語」清課堂ギャラリー, 東京

 

 

 

提供作品

ミナ ペルホネンの生地デザインから起こしたミナ ペルホネンとのコラボレーション作品