このたび msb gallery では、merinoの個展『merino exhibition』を開催いたします。

merinoは、横浜を拠点に活動し、古典技法のひとつである卵黄テンペラ* の技法を用いて制作しています。そのなかでも特にイタリアルネッサンス期**の技法を用いて、支持体である石膏下地から制作し、仮想の村とそこに暮らす人物を中心に描き続けています。

本展では、『村』のシリーズより、村人から「あの山」と呼ばれ近寄ることのない神秘の山と森の話を展開した作品を発表いたします。

 

2011年1月より10年間、横浜黄金町の長期アーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加。 

テンペラ画作品の制作活動の傍ら、本やCDのカバーなどに多数作品提供をしています。

 

 

*卵黄テンペラ・・・11世紀より西洋の絵画で広く行われてきた技法で、板上に石膏で設えた素地に、顔料を卵と酢の混合液に溶いて彩色する。

**イタリアルネッサンス期・・・14世紀中頃~15世紀のイタリアで古代ギリシア・ローマの学問・知識の復興を目指す文化運動が興り、やがてヨーロッパ各国に波及した。この時期の有名な作品はボッティチェッリ「ビーナスの誕生」、「プリマヴェーラ」など。

 

 

【受賞歴】

1997    第1回 新生展入選, 新生堂, 東京

       第1回 ARTBOX洋画新人賞 大賞受賞, ART BOX ギャラリー, 東京

 

 

【展覧会歴】

2022    2人展「alma」コトリ花店, 東京

          「五月の回廊展」ベルンアートギャラリー, 大阪

          「小さな作品の表現展」ベルンアートギャラリー, 大阪

2021  「横浜あの街を歩く」横浜桜木町ワシントンホテルエントランスロビー展示, 横浜

2020    黄金町バザール2020, 八番館, 横浜

2019  「merino個展」Site-Aギャラリー, 横浜

 

 

 

【作品提供】

表紙画「時間」エヴァ・ホフマン著, みすず書房

表紙画  ハリーポッター「ふくろう通信VOL.3カバー」スピカ

装丁・表紙画 「宇宙の渚で生きるということ」海象社

表紙画「ガストンとルシア」ロジェ・ファリゴ著, 小学館 

等 その他装丁・挿画多数 

 

社名ロゴ制作 UFO研究家・矢追純一代表、株式会社「ORANGE SHIP」

ロゴ制作 アコースティック トリオバンド「オオフジツボ」

ロゴ制作 アコースティック アンサンブル「ハンドリオン」