高嶋英男 Hideo Takashima

 

1981年 東京生まれ。東京芸術大学大学院彫刻専攻修了。

 

人の身体を型どりした人型を用い人物の特徴を現実、虚構、織り混ぜてインスタレーション化する作品や、本来注目しない花瓶の口の空洞部分を顔に置き換えた人型の陶器、鰹節を使った彫刻作品など、日常の周辺にあるイメージを拡大、反転させながら作品化している。

 

 

 

 

2012年「Hideo Takashima ExhibitionKOKIARTS/東京にて個展を開催

2010年「群馬青年ビエンナーレ2010」群馬県立近代美術館, 2011年「第14回 岡本太郎現代芸術大賞展」川崎市岡本太郎美術館, 2013年「PAT in Kyoto京都版画トリエンナーレ2013」京都市美術館,Cabinet Da―End 03Da―End gallery/パリ, 2015年「ヤングアート台北2015」シェラトングランデ台北ホテル, 2021年「メイド・イン・フチュウ 公開制作の20年」府中市美術館, 2022年「地つづきの輪郭」セゾン現代美術館/軽井沢(現在開催中)などのグループ展に参加。